有名マジシャンたちが選んだ「13冊のマジック以外のオススメ本」


知識や教養を磨くことがその後のマジックに良い影響を与えるとされている。とはいえ、実際、どれを読むべきかについては、あまり語られない。良いマジック本は知られているが、マジシャンとして活動するうえで読むべき本やクリエイティビリティが養える本などはほとんど聞かれない。

そんな中、「Conjuror. Community」では、海外の有名マジシャンたち13人それぞれに1冊ずつオススメ本を選定してもらう企画を行った。

The Best Magicians in the World Recommend One Non-Magic Book | Conjuror. Community
http://conjuror.community/the-best-magicians-in-the-world-recommend-one-non-magic-book-for-magicians/

特定のジャンルのマジックについて学びたいとき、それについて詳しく書かれた本を探し出すことはそう難しくない。しかし、世界のプロマジシャンたちがどのようにして「マジック」というものに向き合っているのかについて知りたい場合、そうした本は簡単には見つけられるわけではない。

そこで、私たちは以下の方々にマジシャンが読むべきだと思う、マジック外の一般書をそれぞれに選出してもらった。

アンディ・グラッドウィン(Andi Gladwin)、ビル・アボット(Bill Abbott)、ニン・チャイ(Ning Cai), ポール・ウィルソン(R. Paul Wilson)、ダン・スペリー(Dan Sperry)、マイケル・クロース(Michael Close)、スコット・ハメル(Scott Hammell)、ジョン・アーチャー(John Archer)、リサ・メナ(Lisa Menna)、アロン・フィッシャー(Aaron Fisher)、デビッド・ウィリアムソン(David Williamson)、ダイアナ・ジンマーマン(Diana Zimmerman)、ジョン・ガスタフェロー(John Guastaferro)

◆アンディ・グラッドウィン推薦:「クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST ”君がつくるべきもの”をつくれるようになるために」(原題:Steal Like an Artist: 10 Things Nobody Told You About Being Creative)by オースティン・クレオン
本書の見た目はCDアルバムに特典として付いてくる正方形のブックレットという出で立ち。本書で語られる内容はあらゆるジャンルの創作活動に通ずるとされ、推薦者のグラッドウィンは「マジックもこれに含まれる」としている。本書はどうしたらクリエイティブな人間になれるのかを中心に
短いエッセイや先人たちの格言によってまとめられたサトルティ集といえるだろう。

steal

◆ビル・アボット推薦:「世界を変えた伝説の広告マンが語る-大胆不敵なクリエイティブ・アドバイス」(原題:Damn Good Advice (For People with Talent!): How To Unleash Your Creative Potential)by ジョージ・ロイス
全ページオールカラーの本書は120個のフレーズをもとに自身の体験談や「広告とは何か」、「アイデアとは何か」について語られたエッセイ集。まるで、格言集のような体裁に最初はうんざりする人もいるかもしれない。特にはじめの5~6個はどうてもいい。だが、その後、内容は徐々にヒートアップ。自身のブランディングやセリフ回し、プレゼンテーションなどマジックやその活動について直接言っていると思しき箇所が散見されるようになっていく。アイデア1つで人々を扇動するという意味では、広告マンもマジシャンも同じ立ち位置にあるからではないだろうか。ちなみに、第75訓にはペン&テラーのペン・ジレット(Penn Jillette)がひょっこり顔を覗かせている箇所がある。

creative-advice

◆ニン・チャイ推薦:「ネバーウェア」(原題:Neverwhere)by ニール・ゲイマン
「Magic Babe」として知られ、東南アジア初の女性マジシャン、ニン・ツァイ曰く、「彼にはいつもクリエイティブの限界を魅せられっぱなしだからね」としている。彼女は過去に2冊の本を出版し、そのどちらの本でも「まえがき」にニール・ゲイマンが登場し、感情的な繋がりが本書を取り上げた理由とも考えられる。ちなみに、ニール・ゲイマンとは
アメコミの原作など手掛ける作家であり、最近では小説「アメリカン・ゴッズ」がテレビドラマ化されるなど注目を集めている。

gaiman

◆ポール・ウィルソン推薦:「おおきな木」(原題:The Giving Tree)by シェル・シルヴァスタイン
誰もが一度は聞いたことはある有名な絵本。無償の愛をテーマにしているが、これがどうマジックと関わるのかを考えていくと、哲学的な思想の良い出発点になると思う。

givingtree

◆ダン・スペリー推薦:「コミュニオン-異星人遭遇全記録」(原題:COMMUNION)by ホイットリー・ストリーパー
映画「デイ・アフター・トゥモロー」の原作者であるホイットリー・ストリーパーが実際に体験した宇宙人との遭遇話。本書で表現される得体の知れない何か対する恐怖への描写はビザーマジックを目指す者にとって良い刺激になると思う。ダン・スペリーがそうであったように…。

communion

◆マイケル・クロースとスコット・ハメルが同一書を推薦:「ファスト&スロー(上・下) あなたの意思はどのように決まるか?」(原題:Thinking Fast and Slow)by ダニエル・カーネマン
認知バイアスについて書かれた最高の本と称される本書は、読者にもバイアスがどんなものかを体験できる構成となっており、実生活に照らし合わせながら、理解を深めることができる。読破後、バイアスが何かを知らずして論理を組み立ててはいけないし、外部の情報をそのまま鵜呑みにするのも危険な行為だとわかるだろう。おそらく、本書を推薦した目的はこれらの知識を使って観客にどうはたらきかけるかよりも、改めて自分を律することに焦点が当てられたものだと考えられる。

fast

slow

◆ジョン・アーチャー推薦:「Word Hero: A Fiendishly Clever Guide to Crafting the Lines that Get Laughs, Go Viral, and Live Forever」(洋書)by Jay Heinrichs
いまだ邦訳されていない本書は言葉を自在に操り、どうしたら人々の記憶に残るスピーチを行うことができるについて語られている。言うまでもなく、ストーリーテリングマジックやセリフ回しなどに大いに役立つ内容なのだろう。

word-hero

◆リサ・メナ推薦:「Notebooks of Leonardo Da Vinci: Complete」(洋書)by Jean Paul Richter
本書はレオナルド・ダ・ヴィンチが遺した建築や解剖学、土木工学などに関する手稿(=ノート)を1冊にまとめられたもの。なぜ本書が選ばれたのかは定かではないが、生前、ダ・ヴィンチは「万能人」と言われるようにあらゆる分野を研究していた。これはマジックが様々な学問分野を横断する複合分野であるようにたくさんの分野に興味を持つことの意味を知らせたかったのかもしれない。

davinci

◆アロン・フィッシャー推薦:「神話の力」(原題:The Power of Myth)by ジョーゼフ・キャンベル
「古今東西の神話から何がいえるのか」という壮大なテーマで語られた神話学者のジョーゼフ・キャンベルとジャーナリストのビル・モイヤーズによる対談本。世界中の神話に共通する特徴から人々の無意識を探ろうする姿勢はユングを思わせるが、内容は彼ほど突飛なものではない。たしかに、フィクションを投影として捉え、古今東西の神話を「量」として当てはめ、それを科学的エビデンスにしてしまっている点には驚かされるし、一瞬呑み込まれそうになる。しかし、あくまで過去の人間はこう考えていたのだと割り切って捉えれば、全体像を俯瞰でき、大いに楽しめる。
ちなみに、キャンベル博士の理論「Hero’s Journey」(「映画や小説のストーリーは全て同じルールに従っている」理論)はマジックでいうところのフェーズごとに難しくしていく古典的なストーリーに似通っており、そういった点からも本書は良い刺激になるだろう。

myth

◆デビッド・ウィリアムソン推薦:「弓と禅」(原題:Zen in the Art of Archery)by オイゲン・ヘリゲル
海外では人気の禅の境地についてドイツ人哲学者が身をもって体験したノンフィクション。ただ弓を射ることの精神性とマジシャンとしてにどう関わりがあるかは難しいところではある。ある種の教義とも捉えられない考え方には拒絶反応を引き起こしかねないが、「なぜデビッド・ウィリアムソンが?」と考えた場合にはまた違ってくるのかもしれない。

yumito

◆ダイアナ・ジンマーマン、2冊推薦:「Ovitz: The Inside Story of Hollywood’s Most Controversial Power Broker」(洋書) by Robert Slater
いまだ未邦訳の本書はハリウッドで活躍したブローカーの内情に語られたものであり、日本での活動にそのまま応用するのはあまり期待できないといえる。

ovitz

◆「ポジショニング戦略」(原題:Positioning: The Battle for Your Mind )by アル・ライズ
ジンマーマンがもう1冊推薦したのがマーケティングのバイブル「ポジショニング戦略」だ。本書はなんといっても、最初の言葉に惹きつけられる。

「失敗したのは、コミュニケーションが足りなかったからだ」
この決まり文句を何度耳にしたことだろう。ビジネスでも、政治でも、労働問題でも、結婚生活でも。何かが起こると、誰もがこの言葉をすぐに口にする。
裏を返せば彼らは、「もし互いにコミュニケーションに時間を割き、腰を落ち着けて話し合いさえすれば、どんな問題でもきっと解決できる」と思っているわけだ。
だが、事実はそうではない。

世界中で30年以上読み継がれる本と言われるのも頷ける。コミュニケーションの問題は最近になって言われるように思っていたが、実際は本質的な問題にほかならないことがここでわかる。
本書では、セミプロとして、またプロとして本腰を入れようと考えている人にはぜひ読んでほしい。「万人ウケの幻想は捨てろ」とか「二番手の勝ち方」とか「良いネーミング、悪いネーミング」など、たくさんの実例を通して解説され、マジックというサービスを提供しようと考えている人には最高の本だといえる。

posioning

◆ジョン・ガスタフェロー推薦:「スターバックスはなぜ値下げもテレビCMもしないのに強いブランドでいられるのか?」(原題:Tribal Knowledge: Business Wisdom Brewed from the Grounds of Starbucks Corporate Culture )by ジョン・ムーア
このタイトルを読んで最初に思うのはきっとマジシャンとしての活動にも大いに言えるのでは?ということだ。もちろん、本書はスターバックスという経営組織を焦点に語られ、フリーランスの個人を対象にしているわけではない。だが、マーケティングでよくいわれる「体験を売る」という点では、スターバックスもマジシャンも同じだと思う。マーケティングでは、よくスターバックスはコーヒーを売っているのではなく、コーヒーを通して家族との休日やノスタルジックな空間を提供をしていると表現される。ガスタフェロー曰く、「手元の小道具だけでなく、そうした経験に焦点を当て、明らかにした素晴らしい方法が載っている」としている。

star

また、彼はマーケット戦略家のセス・ゴーディン(Seth Godin)のブログを読むことを強く薦めている。

今回のリストの中にはこれがどうマジックに関係するのか首を傾げたくなる本がいくつかあった。これについて気になった本を実際に手に取っては、考えてみるといい。ただ普通に読むのではなく、彼らが何にインスレーションを受け、どこがマジックの性質と似通っているのかを探すことで、普通にマジック本を読むよりも新しい読書体験をもたらしてくれるかもしれない。