「リチャード・ターナーだけど質問ある?」Redditにあのカードメカニックが登場!


10月26日、ソーシャルニュースサイト「Reddit」が企画する一般ユーザーが著名人に直接質問できる「AMA(Ask Me Anything?:何か質問ある?)」にギャンブルテクニックの名手、リチャード・ターナーが登場した。

We are director Luke Korem and card mechanic/card magician Richard Turner from the new documentary DEALT | Reddit
https://www.reddit.com/r/IAmA/comments/78ok1l/we_are_director_luke_korem_and_card_mechaniccard/

かつてダイ・バーノンに「リチャード・ターナーのカードさばきは世界中の誰にもマネできない」「私の知る限り最も優れたテクニックを持つカーディシャン」と言わしめた人物であり、特にセカンドディールに対する執着心たるや、現在ではもはや彼の代名詞にもなっている。

暗黒街にたたずむカウボーイ姿の男こそが若きリチャード・ターナーその人(上の写真)。一時はその腕を買われてマフィアに付け狙われたこともあるそう。

類まれな指先の感覚だけでなく、空手6段の屈強な体を持つ彼は、なんと法的に視覚障害者として認められている。

幼い頃、バードショット網脈絡膜症を発症し、年を重ねるごとに視力が奪われていった。そんな困難をもろともせず、彼がいかにして人々を魅了し、現在の地位を確立したのか。

そんな彼の半生を追ったドキュメンタリー映画「Dealt」が今月に入り、アメリカ国内の劇場で一般公開が封を切った。

今年3月には映画祭各所でプレミアム上映され、SXSW映画祭2017ではドキュメンタリー部門の観客賞を受賞。

これまでマジシャンにスポットライトを当てたドキュメンタリー作品は何本かあったが、今回はまた違った年季の入りように注目が集まっている模様。

DEALT – Official Trailer [HD] – Richard Turner Documentary | YouTube

Q:アードネス以外に他に何から影響を受けましたか?また、マスターするのが一番難しかった技法は何ですか?

A:
影響を受けたのはダイ・バーノン、チャーリー・ミラー(Charlie Miller)、トニー・ジョルジオ(Tony Giorgio)、あとエド・マルローだね。彼らとは何年も共に過ごしたよ。
それと一番難しかったのは「Side sweep second」だね。

Q:セカンドディールをマスターするのに最終的に何時間くらいかかりましたか?

A:
えっと… 3年だね。1日8時間を、週7日続けてね。今まで観客に500万回以上見せているから、実際に行った回数は合計で1億回は超えてるし、今もまさにやってるよ!

Q:「Fool Us」でペン&テラーを煙に巻いたことについて、当時はどのくらい自信がありましたか?

A:
98%はあったね。でもかなり緊張していたよ。

Fool Us – Richard Turner Thoroughly Astonishes Penn & Teller | YouTube

Q:あのトリックをマスターしてからどのくらいで観客の前で見せましたか?

A:
残念ながら、あのトリックは40年以上かけて習得した技術の組み合わせだったんだ。あれをやるのを決めてから、1つのデモンストレーションを完成させるに2ヶ月くらいかかったよ。デックを2時間ごとに捨ててたからね。

Q:知っている人の中で誰が一番ですか?フォーティー?ミラー?それか他の人?あと、サンボイって誰ですか?

A:
彼らは全員素晴らしいよ。スティーブ・フォーティー(Steve Forte)は天才中の天才だ。ダイ・バーノンやチャーリー・ミラーもべらぼうに上手い。
ブルース・サンボイ(Bruce Samboy)は東海岸のカジノ業界で31年のキャリアを持つGaming Regulatorで、(私を含め)フォーティーの旧友だ。

Q:あなたは自分のことをマジシャンだと思いますか?

A:
自分がどんなマジックをするかを考えることはあるよ。でも、スライハンドのカテゴリーより下かな

Q:周囲の状況に気を取られて、演技が思うように運ばなくなったことはありますか?もしあれば、そのときの経験を教えてください。

A:
それなら何度か経験したことがあるね。1987年にナイトクラブで大勢の前で「Double Card Routineをやっていたときだった。
そこでは会場がずっとガヤガヤしていて、観客もルーティンに集中するのに必死だった。キツい現場だったけど、幸いにもそこでは無事に終えることができたよ。おそらく、演技の3分の1はちゃんと見ていてくれていたと思う。
当時のことを考えると、今でも気が滅入るけど、そういうときは大概気にしないようにして、ただ前に進むだけだよ。

あとマジックキャッスルでは、デックを裏向きにしていたと思ったら、実は表向きだったってことがある。
最初、リフルシャッフルコントロールから始まり、テーブルファローをしてカードを揃えると、観客の方を向いて、こう尋ねたんだ。「カードは表向きになってるか?」って。
そしたら、観客役のスティーブ・フォーティーが「まさしく!」って言うもんだから、わたしは「なら、誰か教えてくれればいいのに!!」って返したよ。そこには他にもデレック・デルガウディオやジェイソン・イングランド、ブルース・サンボイもいて、ちょっと恥ずかったね。