ジェームズ・ランディの100万ドルチャレンジが実は終了していたことが判明


合意のもとでの科学的な審査基準の中で超能力を証明できた人に報奨金として100万ドルを進呈するというジェームズ・ランディの「100万ドル超能力チャレンジ」が実は2015年9月をもって既に終了していたことがわかった。

1964年から始まったこのキャンペーンは当初報奨金を1000ドルとしていたが、1996年に彼の友人で当時世界最大のインターネットサービス会社の創業者のリック・アダムス(Rick Adams)が100万ドルを寄付してから、大々的にメディアで取り上げられるようになった。

2008年1月、ジェームズ・ランディ教育財団(通称:JRFF)が資産を別のことに回すとの理由から2010年に報奨金の廃止を発表。すると、各メディアが「100万ドルチャレンジ終了」という語弊ある内容で報じたため、その翌年に「100万ドル超能力チャレンジ」の継続が発表された。

2015年1月、ランディはJRFFを退くことを発表。同年9月には理事会が基金を今後助成基金として使うことが決定し、「100万ドル超能力チャレンジ」が正式に打ち切られた

1964年以来、挑戦者の数は延べ1000人を超え、2014年まではほぼ毎年のように止めどなく挑戦者が現れたものの、誰一人として成功する者はいなかった。

ちなみに、彼は2007年にTEDに出演。ユーモアを交えながら超常現象や超能力のくだらなさや深刻なスピリチュアル詐欺について訴えており、彼がなぜこのようなキャンペーンを打ち出したのが刺さる内容となっている。

心霊詐欺に対するジェームズ・ランディの痛烈な批判 | TED
100